給湯器の水漏れを止める方法

給湯器から水が漏れているだけで故障しているとは限らず、一時的に水抜きする機能がついているタイプもあります。水漏れがどこで発生しているのか確認し、その量がどれくらいなのかチェックして、止められる場合は止めましょう。

■まずは給湯器を止める

水漏れが発生すると、慌ててしまいがちです。まずは落ち着いてから給湯器を止める必要があります。最近の給湯器はパネル操作のタイプが多いので、パネルから操作してオフにするだけで止められます。
給湯器を止めても水漏れが続くような場合は使用を中断しましょう。水道メーターの横にあるバルブを閉めることで水を止めることができます。給湯器が止まった時点で水漏れの原因が分からないときは業者に相談しましょう。

■止めた後の対応

住んでいる住宅が賃貸物件の場合は、大家や管理会社に連絡して対応をしてもらいます。中には自分で蛇口 交換して修理する人もいますが、給湯器の構造は意外と複雑です。ガスや石油などの燃料を使うタイプは特に注意しなければなりません。
自分で上手に修理をしたと思っても、使い続けることで一酸化炭素中毒に陥ることも実際に起こっています。不安を抱えて過ごすのであれば、業者に依頼してきちんと直してもらった方が安心です。

■まとめ
水漏れに気付いたら、先に給湯器を止めましょう。それでも水が止まらない場合は、水道の元から閉めて対応してください。水がたくさん出ていると心理的に慌てるため、先に止めておいた方が落ち着いて行動できるようになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ