給湯器の水漏れは自分で直せる?

給湯器の水漏れ修理は、知識があれば不可能ではありません。しかし、実際に自分で行う人は少数です。業者に依頼して直してもらう人が多いのはなぜでしょうか。ここでは、給湯器の水漏れ修理について解説します。

■必要なものはパッキンと工具

給湯器の水漏れ原因のほとんどは、パッキンが劣化したことによります。パッキン自体を交換すると水漏れを止められます。しかし、水が流れているところを閉めると、配管が折れることもあるので注意をしなければなりません。
また、給湯器には銅管が使用されており、工具で下手に傷付けてしまうと状態が悪化することも想定されます。自分で工具を使ってパッキンを交換する場合は、慎重に行う必要があります。

■自分で直す場合の注意点

給湯器の水漏れを自分で直す注意点は、リスクを伴うことです。確実に原因が分かっていて直し方が分かっているのであれば自分で直すのも選択肢の一つですが、少しでも不安を感じる場合は、自分で直すのではなく業者に相談する方が良いでしょう。
給湯器はガスや電気などを使用してお湯を温めているため、これらのシステムが壊れてしまうと修理代が跳ね上がります。本来なら少額で直せたのに、余分な費用がかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れは自分で直せますが、水道 修理の知識が必要です。また、パッキンやその他の部品など、交換が必要なパーツについては自分で揃えなければなりません。手間やリスクを考えると、業者に依頼するメリットの方が大きいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ