給湯器の水漏れは放置すると危ない

給湯器にはガス、電気、お湯を沸かしてストックしておくタイプなど、さまざまな種類があります。いずれの場合も水漏れしたからといって、お湯がすぐに使えなくなるわけではありません。場合によってはすぐに気付けない場合もありますが、放置をすると危険です。

■給湯器の水漏れとリスク

ガス給湯器の水漏れが起こると、不完全燃焼が発生するケースがあります。不完全燃焼によって一酸化炭素が発生し、健康被害が及ぶだけでなく、一酸化炭素中毒で死亡する可能性も出てくるので注意が必要です。
給湯器の調子が悪いと感じる場合は、使用を早めに中止しましょう。また、電気給湯器の水漏れに関しては電気系統がショートし感電のリスクがあります。水漏れが発生したときは、専門業者に依頼して見てもらうことが大切です。

■給湯器の水漏れと凍結

寒冷地では給湯器 水漏れが原因で、配管や内部が凍結するケースがあります。凍結すると膨張し、内部が破損することも考えられます。さらに漏水が発生して、修理代や水道料金がかかることもあるので注意しましょう。
凍結が分かったら、ぬるま湯をかけてゆっくり氷を溶かしていくのがコツです。熱いお湯をかけてしまうと、温度差で配管が破損します。不安が残る場合は水道修理業者に依頼して見てもらうと安心です。

■まとめ
給湯器の水漏れは放置すると危険なので、早めに原因を調べて対策をしなければなりません。状況がつかめない場合はリスクもあるため、無理をして調べるのではなく、水道修理業者に依頼して見てもらうようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ