給湯器の水漏れ原因は何

給湯器の水漏れ原因は何 給湯器 交換が必要になるトラブルの中でも、特に多いと言われているのが水漏れです。いきなり水が漏れだすと恐怖を感じてしまう人も中にはいるでしょう。もし水が漏れているのを見つけても、慌てず冷静になって原因を探すことが大切です。状態によっては放っておくと改善する場合もありますが、一度改善しても再び漏れるようなことがあれば、何らかの原因が考えられます。
水が漏れてしまっていても、すぐに気付けるとは限りません。やっと気が付いたときには、すでに水が大量に漏れてしまっている場合もあります。少しでも異変を感じたときは、細部をチェックするクセをつけましょう。今回は、給湯器から水が漏れているときに考えられる原因を紹介します。

■給湯器の水漏れで多いのは劣化

水が漏れる原因として多いのが、部品の劣化です。一般的に給湯器の寿命は10年と言われており、それ以上の年数が経過していると部品が劣化してもおかしくはありません。内部の部品が劣化したことで水漏れが起こっているなら、部品交換をしなければ状態は改善しません。経年劣化が進んでいくので、状況は刻々と悪くなるばかりです。リースなら定期的に交換できますが、購入して使い続ける場合はメンテナンスが必要です。
年数があまり経過してない場合だと、劣化以外の可能性が考えられます。業者の過失が原因のケースもあるので注意が必要です。まずは設置してから経過している年数を数え、寿命を過ぎているなら、業者に点検をしてもらって交換や修理の手続きをしましょう。

■圧力が原因で起こる給湯器の水漏れ
長期出張などが原因で長らく使用しないと、水漏れが起こるケースもあります。内部の圧力が下がることで、水抜き栓から水が出てくるためです。この場合は、水抜き栓から出てくる水に上限があるため、正常にお湯が出るような場合はそのまま使用しても問題はありません。
また、水抜き栓は減圧を促すために水を排出して圧力を一定に保ちます。何らかの理由で内部の圧力が上がったときも、排水口から一定の水が出ます。一時的なものなので、すぐに正常な使用をすることが可能です。水抜き栓から出てくる水は圧力が原因になっているため、故障ではありません。給湯器の水漏れでは、水抜き栓以外の場所から漏れている場合に注意が必要です。

■業者が原因で水漏れが起こるケース

水漏れが起こったときは、業者が原因になっているケースも少なくありません。特に新しい給湯器から水が漏れ出すのは、取り付ける際に整備不良であることが考えられます。ちなみに、整備不良が原因だった場合は設置業者に連絡をすると無料で直してもらえます。業者によって定めている保証期間が異なっているので、事前に確認しておきましょう。仕組みそのものは決して簡単なものではなく、原因が自分では分からない場合もあります。
自分で原因が分からない場合は、無理をして調べる必要はありません。原因を調べようとして、部品が無くなったり、破損したり、状態を悪化させることにもつながりかねません。また、給湯器はガスや石油などの可燃物を取り扱うため、無理に自分で原因を探ろうとするのは危険です。

■まとめ
給湯器の水漏れが発生するのは、内部圧力が原因で自然に起こる場合もあれば、部品の破損や劣化で起こるケースもあります。どんな理由であれ、水が漏れている以上は原因をきちんと知ることが大事です。
放っておくと、今よりも水の漏れがひどくなる場合もあります。また、屋内に給湯器がある場合は水が階下に漏れてしまい迷惑をかけるかもしれません。原因が見つからない場合や分からない場合は、業者に点検してもらいましょう。自分で判断して修理していると、状態が悪化したり大きなトラブルにも繋がりかねません。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース